2021.9.14 射手座上弦の月

星読み情報【上弦の月】

 2021年9月14日 5時39分頃 射手座で上弦の月でした。

 上弦の月は、手放しや路線変更を表します。今回の上弦の月では「グレードアップ」がテーマとなるので、手放しをするのは、精神面でモヤモヤや葛藤、あるいは自信のなさになりそうです。

今の立ち位置は本当に自分にとってベストですか?

 実は、思っているよりも、自己評価を低く見積もっている可能性があります。本当はできるのに、力を出し切れていないことってありませんか?

 今回の上弦の月では、海王星がタイトに関わっていますので、今まで思い描いていた到達地点とか、自分の実力とか、自分で評価していた自分自身の可能性をぐーーーーんと広げていきます。

 海王星は夢を見せる天体でもあります。海王星が広げてくれたインスピレーションや可能性について真剣に考えてみても良さそうです。

意識と現実をすり合わせていく

 描いている夢や希望、何となく、自分が今できることは「これ」というものが、ぼんやりでも思い描けているでしょう。でも、実際は、まだまだ追い付いていないこともあると思います。

 そこを全力で駆け抜けていきます。

 意識に現実を合わせていくのが、今回の上弦の月のポイントです。

アングルに重なる上弦の月なので、目覚めが重要!

 上弦の月は、太陽はACに、月はICに、海王星はDCに重なっています。

 アングルに天体が重なると、私たちへの影響は強くなります。意識が切り替わる時は、必ずと言っていいほど、アングルに天体が重なっています。

 太陽のサビアンシンボルは乙女座22度『王家の紋章』
 社会的なキャリアや地位を得る度数で、地上社会において頂点を極めたもののシンボルです。

 太陽に月や海王星が葛藤を投げかけてきますので、今いる立ち位置が、自分が目指していた場所なのかを見直し、自分にとって心地よい場所であるのか、ふさわしい場所であるのかを考えていきます。

 「自分の生き方」がテーマになるので、仕事、家、住む場所、家族、ホームグランドなど、自分の土台となっているモノを見つめていくと良いでしょう。

 海王星がいろいろと夢を見せてくれますし、インスピレーションを与えてもくれるので、調整をしてみてください。

 すでに手にしているモノも、これから頑張りたいと思うことも、自分の生き方や感覚に合うものなのかを考え、しっくりするモノを選ぶ。柔軟宮の葛藤ですので、決断するよりも、動いて調整しているうちに、変化がしっくりと自分に馴染んできます。

あくまでもグレードアップ

 新しい世界に飛び込んでいきますし、すでに飛び込んでいると思います。それは、あなたにとって「グレードアップ」させる出来事だったはず。

 やみくもに目指していたわけではなく、役割として降ってきたようなものかもしれません。

 それでも、今の自分にできる最大限の力を発揮し、自分がそのレベルに到達できるよう精進していくことで、実力もつくし、自分の生き様にもなっていきます。

 固く書いていますが、大きく緩く受け止めることで、いろいろと気持ちがほぐれていきそうですので、肩の力を入れる必要はありません。

 ただ、意識的にうえを目指して。

 そこに自分の実力を合わせていきます。

上弦の月のまとめ

☆グレードアップを目指す。
☆自分にとって心地よい場所を開拓し、整えていく。
☆実力をつけていくために、集中し努力をする。
☆柔軟に変化に対応していく。
☆固くなりすぎない。緩く受け止めていく。
☆意識を上に向ける。

 2021年の星の流れも後半戦に突入していきます。新しい流れが今までとは違うものだったとしても、自分にとってその場所がベストなら、精一杯頑張ってみる価値がありますよ☆

 福本泰子

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました