2021年 9月の流れ

星読み情報【2021年】

 9月は占星術では1年の後半戦のスタートを表します。
 2021年の下半期に突入です。

 星の流れも切り替わりが起こっていて、新しくスタートさせることや今まで頑張っていたことを更にレベルアップさせていく流れになっています。

 9月は風のエレメントが強調されるので、対話や価値観の共有を通して、人間関係での変化も起こってきます。気持ちを分かってくれるというよりは、「考え」を分かってくれる人に安心感を抱くかも。逆を言えば、考えていることがさっぱり分からないと思う人とは程よい距離を保つといいでしょう。

 それでは、順番に見ていきます!

乙女座の新月はスタートのタイミング

 新月は7日に起こります。

 今まで頑張ってきたことや努力してきたこと、培ってきたものを新しい形にする人もいますし、何かに目覚め、急進的に頑張っていく人もいるでしょう。

 何を頑張るのかは、もうすでに見つかっている可能性の方が高いです。気付いていなかったとしても、価値観の違う人や新しい出会いを通して気付くこともあるでしょう。

 それと同時に、何かを終わらせることも出てきそうです。

 社会に貢献したい!人の役に立ちたい!思い描く理想の未来に向かって頑張りたい!という意欲が湧くので、必要でないものは手放し、本当に目指したいと思う理想に向かって、トコトン頑張っていくと良い流れになっていきます。

馴染むのに時間がかかります

 新しいエネルギーの中を試行錯誤しながら、突き進んでいきます。それが、過去の自分とは違うものだから、最初は戸惑うかもしれません。

 けれど、単純にもう何かが違っています。
 自分もですし、人もです。空気感で感じることなので、言語化しにくいのがネックですが、自分の馴染むポイントを探すのと、新しい流れに入っていくことを意識してみて。

 馴染むことはガンガン頑張れますし、馴染まないものとは距離を置く感じでOKです。

 気付いたことや大切にしたいこと、その逆も紙などに書いてみると、意識しやすくなります☆

後半は「秩序」ができてくる

 21日に魚座の満月があります。

 この頃になると、大分と「自分」に馴染んできます。それまではぼんやりとしていた価値観や考え、しっくりこなかったことが、ビシッと判断できるようになってきます。

 それは、自分の中に「秩序」ができるようなもの。
 今までとは明らかに、大きな器の中で「秩序」ができあがるので、今までよりも大きな夢へとチャレンジし前進していることでしょう。

 また、「秩序」が出来上がることで、人間関係での変化がはっきりしてきます。

 応援してくれる人や心地よい関係を築ける人はもちろんいますが、そうでない人とは一定の距離を取る方が良いです。突発的なトラブルや別れも起こりそうな配置がありますが、そこを何とかしようとするよりも、目の前の自分にできることや目標に向かって頑張る方に、どんどんシフトしていくと健全です。

軌道に乗せるための軌道修正

 後半になってくると、安定し継続していきたい意欲が湧いてきます。

 そのため、守りに入ることもあると思います。培ってきたものや頑張ってきたことを、これから先、仕事として安定させるためにはどうすればいいのかとか、どういった策を取ればいいのかとか、頭でいろいろと考えますし、人に意見を求めることもあるでしょう。

 ポイントは、「時代の流れ」「シビア」な目線で見つめることです。プライベートと仕事では、はっきりと気持ちが分かれるので、その辺りはごちゃ混ぜにしない方が良いです。

秋分以降…

 「人間関係」はポイントになります。

 がっかりすることもあるし、協力してくれる人もいます。
 それを惜しむ時間もあまりない感じなので、もし、人間関係で困ったことが起こったら、相手の意見を変えようとせず、「そんな考え方もあるんだね!」と受け流すぐらいが良いです。

 長く続く関係を築ける人は必ずいるので、自分の感覚と安心感、支えになってくれる人を大切にしてくださいね☆

 秋分図は、また詳しく解説します☆

 福本泰子

コメント

タイトルとURLをコピーしました