木星水瓶座入り

星読み情報【逆行】

 5月15日に魚座入りした木星が、逆行したことにより水瓶座に戻ってきています。

 木星はラッキスターと呼ばれる星で、私たちに幸運や拡大をもたらす天体です。しかし、ジャッジをしない星なので、良いことも悪いことも同じように広がります。

 ただ、木星は基本的には楽観的で明るい星なので、悪いことだとしても負荷には感じません。その辺りは、安心してください♪

木星が水瓶座入りで何を見直す?

 天体の逆行は、その天体が表す項目での見直し作業期間となります。木星の場合は、拡大していく方向性や許容範囲を広げるなどです。
 木星は水瓶座に入室するので、水瓶座的な冷静で合理的で、物事を繋げて考える思考力の部分にスポットがあたります。

 また、水瓶座は、個人の自由を認め、個人の価値観を尊重し、個性を表現するからこそ、平和で平等な世界が訪れることを理想とする星座でもあります。木星は、その意識を広げることにも役立つでしょう。

 多様性を認め、理想を叶えるために無駄なものは冷静に判断し省いていく。個性を表現した上で繋がるためには、お互いを認め合う自立した精神性を持つことにも意識を向けると良いでしょう。

 堅苦しく書いていますが、要は、各々の個性を認め、その個性を持ったうえで、いかに共存した社会を実現していくのかが水瓶座のテーマとなります。

個人のラッキーポイント

 木星は「幸運の星」です。木星が水瓶座入りしたことで、何を意識すると幸運に恵まれるのかを書いていきます。

精神性を高める

 いきなり固いですが、大事な部分です。簡単に言えば、人として大事なことを意識し、そのように行動すると言うことです。徳を積んでください☆

「共存」を意識する

 水瓶座の「理想」とする未来への「共存」への土台作りが必要です。
 自分も他人も違う個性があることを認め、お互いが「共存」していくためにはどんな手段を用いるのがいいのか。どんな方法で繋がっていくといいのかは、まずは、自分と言う人間を知ること、そして、相手を知ることから始まっていきます。

 例えば、家族であっても考えが違うもの同士が住んでいるわけですが、家族だからと言って、意見を押し付けるのではなく、お互いが心地よく暮らせるように話し合う、あるいは、介入しないなどの工夫をするようなイメージです。

理想の未来からの逆算

 水瓶座は「未来」を表す星座です。自分が理想とする「未来」を叶えるために、逆算し、今、どんな情報に触れるのがいいのか、どんなコミュニティに属するのがいいのか、あるいは、何を学び、何を習得していく必要があるのかを、とにかく逆算し、行っていくことで、「未来」を叶えることができます。

理想をより明確にする

 木星が魚座入りしたことで、境界線があいまいになって、夢や理想も膨らみました。ぼんやりとしていた夢や理想が、木星が水瓶座に入ることで、パリッと明確になっていきます。
 自分が何を理想としているのかが、より明確に意識できるようになるので、その一つ一つの夢の欠片を自分のものとし、受容して、ポジティブに叶えていってくださいね☆

木星の感覚で動くと、その年の良い変化を受容することができる

 さすが、水瓶座、固いテーマが続きました(笑)

 木星はおおよそ1年のテーマを表すので、木星の動きに合わせて動くことは、トレンドに乗っかることにもなります。

 また、木星はラッキーを表すので、その年の木星の良さを受容することは、結果的に自分に良い変化をもたらします☆

 特に水瓶座は、今の時代にとっても必要な感覚ですので、時代の流れを感じ、時代の流れをインストールし、自分自身や大切な人が生きていくのが楽しいと思えるように、活用していただければと思います☆

福本泰子

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました