2021.7.24 水瓶座満月

星読み情報【満月】

 7月24日 11時36分頃 水瓶座で満月でした。

 満月は満ちる月。また、今回の満月は、家や家族、自分の根幹にかかわる出来事が起こりやすかったのと、突発的なトラブルや別れなども起こりやすい配置になっていました。

 星の流れが大きな気付きを与えてくれる時は、変容期であることが多く、今回も、自分自身が変わることを意識し、行動に移していくことを促しています。

 満月は次の新月までの2週間のプロセスを表しているので、詳しく解説していきますね!

大きな気付きが自分を動かす原動力になる

 月のシンボルは水瓶座2度『予期されなかった雷雨』という、形あるものを壊して、理想を考え直す度数で起こっています。

 また、月は創造と破壊を示す冥王星とも重なっていて、尚且つ、私たちの根幹を表すICにも重なっていますので、私たちの根っこを壊す破壊、破壊、破壊…!!!!

 が、まずは行われます。

 私たちは、自分で気付いているようで、気付いていない部分がたくさんあります。社会と繋がり、暮らしていくためにはある種、仕方がないことなのかもしれません。

 しかし、風の時代、特に水瓶座の影響が強い流れの中では「個人の自由を認め、あるがままの姿」である生き方を求められます。
 そのために、一人一人が自分自身の個性や人格、根幹にあるものを見つめるために、どうにか形を保っていたものが崩れる過程を通っています。

 そうでなければ、本当の自分が分からないから。

 本当に自分が求めているものや自分の生き方を分かるために、トラブルやハプニング、別れや出会いが起こっています。

自己の最大限の力を出し切る

 もう一つ、この満月で重要なポイントは太陽がMCと重なっていることです。

 MCは社会を表す場所。そこに獅子座の太陽が重なっているため、自分のオリジナリティを社会に対して表現したい意欲が高まっています。

 度数は獅子座2度『おたふく風邪の流行』という、内側にある熱い想いが爆発し、大勢の人を巻き込んでいき伝播していくシンボルで起こっています。

 太陽もまた、冥王星の影響を受けているので、自分の意志に嘘はつけません。

 自分が何を社会に表現し実現していきたいのか、自分が伝えたいことは何かを強く意識していくことになるでしょう。

 それが、あなたの生命力になるものですので、胸を熱くさせるものでなければ意味はありません。太陽が占星術において、なぜ一番重要なのかは、「生命力」を唯一持っているからです。

 人が生きていくうえで、「生きる糧」になるものがあります。自分は「これ」がなければ生きている意味がないと思えるぐらいの強い想いがあるものです。

 それは、エゴと呼べるものかもしれませんが、誰しも、自分の中にあるエゴにも似た熱い想いがなければ、生きていても面白くがないと感じるもの。

 この満月では、そんな熱い想いも噴き出します。その想いを誰に押し付けるわけでもなく、その想いを自分自身が強く確かめることが重要であり、その想いがあるからこそ、自分の人生に対する価値を自分自身が見出すことになります。

すべての想いを肯定し、力を尽くす

 どんな選択をしても、どんな自分の想いが噴き出しても、それを叶えていくのは自分自身でしかありません。

 それぐらい力が強く、現状を大きく変えることができる満月です。

 今までのやり方をガラッと変え、本来自分が求めていた生き方を構築するためには、相当な努力が必要だと思いますが、諦めずに最後までやり切ることを意識して。

 人によっては、結果的に駄目になる関係もあるかもしれませんが、自分が変われば環境や人間関係は大きく変わっていきます。

 とにかく、自分の力を信じて。諦めずに前進していくことをおすすめします!

満月のまとめ

 ☆突発的な出来事やトラブル、ハプニングが起きやすい。
 ☆何か印象的な出来事があったなら、それは、大きな気付きになります。
 ☆大きな気付きは、自分の人生に対する熱い姿勢を思い出すため、知るために必要なこと。
 ☆時にはエゴとさえ思える自分らしい人生を、強く自覚し進み始める。
 ☆とにかく、自分を信じて諦めない。
 ☆努力は相当必要かもしれないけど、諦めない。

 2週間、意識してみてくださいね☆

 自分を変えることができるのも、また自分自身のみです!

 福本泰子

コメント

タイトルとURLをコピーしました