2021.7月の流れ

HOME

 新しい流れがやってきます。
 自分でも思ってもみなかったことを始める人もいれば、今までやってきたことを辞める人もいるでしょう。

 「自己を主張」する機運が高まりますが、それがなかなか上手くいかなくて葛藤も強いです。どんな流れになるのかを書いていきますね。

自分の人生を「創り上げる」

 蟹座から獅子座へ季節は移り変わっていきます。
 「自分を表現したい」「自分のあるものを出し切ってしまいたい」と力強く思うでしょう。

 時に、それが社会に対する批判へと変化することもあるので、誹謗中傷をネットなどで見る機会も増えるかもしれません。

 でも、それは「本質」的なところではなく、自分自身がどこか満たされていない葛藤からくるものです。誰でも仕事や人生を「創り上げる」と感覚的には感じていても、何をすればいいのか、何をしたいのかに迷います。

 だからこそ、社会に対しての不満が募る。
 そんなタイミングでもあります。

「創造」のプロセスを辿る

 それでも、「創造」のプロセスを辿るしかありません。

 蟹座の新月(7月10日)頃になると、自分に合った『役割』を見つけていきます。

 すごく感覚的で、直感やインスピレーションで判断していく傾向も強まるので、「何となく」これが自分らしいとか、「何となく」こっちの方がいい気がすると感じるでしょう。

 言葉にはならない言葉が無限に広がって、落ち着かない気持ちになるかもしれませんが、感覚的には分かっているので、「こっちがいい!」と直感的に想うなら、そちらを選択してください。きっとその判断は、これからの人生を豊かにしてくれます。

乗り越えるのは「限界値」それさえも幻想

 『葛藤』はまだ続きます。

 何の『葛藤』かと言うと、「自分を信じられない」という葛藤でしょう。
 変わりたいと思っているし、変わらなきゃとも思っている。だけど、やり方が分からなくてもがいている。

 そんな苦しさがあるかも。
 周りをがっかりさせてしまうかもしれない。もしかすると、自分にがっかりしてしまうのが怖いのかもしれない。

 限界を作っているのは「自分」であって、それを乗り越えられるのも「自分自身」です。
 そして、こだわっているのは「プライド」かも。

 そこを乗り越えて手放した人から、どんどんと直感やインスピレーションのままに、新しい流れを楽しんでいきます。

大切なこと

 「自分自身」を知ること。良いも悪いも含め、「私らしい」と思うところは自己受容してください。

 7月は予期せぬ出来事も起こるかもしれません。それで、心を痛めることもあるかもしれませんが、徐々に「自分らしい道」に走り出しているのは確かです。

 7月は自分と向き合う時です。そして、新しい流れに乗っていくタイミングでもあります。

 何が幸せで、どんな人生を良しとするのかは「人それぞれ」です。

 自分の価値観が丸ごと変わってしまうようなこともあるかもしれません。

 自分の「幸せ」はどこにあるのかを、今一度、よく考えてみてくださいね!

2回ある下弦の月

 下弦の月は新月までのプロセス。

 手放す機会が2回もあるのは7月の特徴です。

 新月に向けて、手放すのは「スタート」を切るためです。

 「新しい自分」というよりは、要らないものを捨て、「自分らしさ」を貫いていく流れになるので、鎧や取り繕いは要らない。

 背負い過ぎていたものや被り過ぎた仮面。

 その内側にある、「私自身」は何を求めているのかを、一つ一つ確認していってくださいね。

 福本泰子

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました