2021.6.25 山羊座満月

星読み情報【満月】

 6月25日 3時39分頃 山羊座で満月となります。
 6月は迷いや不安も多く、自分自身と向き合うことが多かったと思いますが、ここからは「自分はどうしたいのか」を意識して頑張っていくことになります。

 山羊座の満月は、その前の浄化や手放しになります。

動き出す想い

 太陽が蟹座に入ったことで、活動的な機運が高まっていきます。
 その前に、手放しておきたいことや決断しておきたいことがあると思うので、「手放し」に集中してください。

 太陽のサビアンシンボルは蟹座4度『ネズミと議論する猫』という、低姿勢で物事に挑むことでチャンスを得る度数で起こっています。また、この度数は、自分がどのように集団と関わっていくのかを考えているシンボルでもあります。

 猫は自我を表し、ネズミは集団を表しています。対立をイメージするような組み合わせですが、ここでは対立を起こそうとはしていません。

 自我を持ったうえで、集団とどう関わればいいのかとか、自我を上手く集団に馴染ませるにはどうすればいいのかなどを考えていて、ヒントを得るために、ある種、自分を集団に同化させていくために、柔らかな物腰で接していくことを意識しています。

 また、月のシンボルも山羊座4度『大きなカヌーへ乗り込む一団』という、一つの目的に向けてみんなが相互に協力し合い乗りこなしていく様を表しています。

 満月は『統合』を表すタイミングでもあるので、集団を意識し迎合していくことが必要でもありますが、自分が共感できない場所や人間関係に無理やり入っていくことを示してはいません。

直感やインスピレーションが幸運を握る

 社会を表すMCにラッキースターと言われる木星が重なっています。

 木星は、逆行を開始したばかりで、自分自身の豊かさがどこにあるのかを振り返っている途中です。10ハウスには魚座の海王星も入っているので、直感やインスピレーションが主体となり、物事が緩やかに動いていく様を表しています。

 何となく、こっちの方が良さそうとか、何となくこっちにしてみようなど、感覚が敏感になって動いていくので、あまりそこは頑なにならずに、直感やインスピレーションのままに動いてみるといいでしょう。

 海王星も蟹座の金星と山羊座の冥王星の調停役になっているので、人間関係の葛藤や手放しがあったとしても、直感やインスピレーション、流れがそちらに傾いていると感じるのであれば、それは自分にとって幸運な流れを示しています。

人間関係や恋愛で、特に限界が来るかも。

 『蟹座』の季節に入ったのと、蟹座に金星があって、冥王星と向き合っている影響で、「人間関係」については考えることが多くなります。

 『蟹座』は共感できる仲間や分かち合える仲間を探しているので、どうしても馴染めないと感じてしまう場所からは、そっと距離を置きたくなることもあるでしょう。

 満月のシンボルでも、「人間関係」についてのことが書かれています。

 周りと協力し合い、お互いの才能を高め合い、同じ目的を目指して頑張れる仲間がいるといいですしし、そこを目指してもいます。

 でも、このままやんわりと流されるのではなく、強い意志や覚悟を持つことが大切で、協力し合える仲間がいるのは、とても満たされますが、大事なのは「自分自身を諦めない」強い意志でもあります。

自分はどうしたいのかを問いかける。

 獅子座の火星が水瓶座の土星と、牡牛座の天王星とTスクエアと言われる葛藤の配置を創り上げています。強い葛藤を示す配置ですが、獅子座の火星は自分自身の道を貫く強さも持っています。

 天王星と土星は、限界の突破や破壊を示してもいるので、自分の中で限界を感じていたことでも、自分の力を信じ、突き進むことで、道が開けていくでしょう。

 この満月では「自分自身はどうしたいのか」をよくよく自分自身に問いかけてみてください。

 まだ出し切っていない力があるなら、出し切ることをイメージして。諦めずに頑張ってください。

 分かち合える仲間とは、気持ちを共有し、協力し合うことを意識して手を取り合っていきましょう。

 人間関係で気持ちの整理をつけることはありそうですが、それも自然な流れとして起こってきます。あくまでも、穏やかな雰囲気の中で起こることなので、自然と離れ、自然とまた出会うような流れとなります。

 あるいは、今いる場所がもっと好きになる可能性だってあります☆
 素敵な仲間や共感しあえる仲間がいれば、それだけでパワーをもらえるでしょう。

満月のポイント

☆仲間と協力し合う。
☆低姿勢で物事に挑む。
☆直感やインスピレーションが幸運の鍵。
☆対人関係での変化も流れの一部として受け止める。
☆諦めない。
☆自分はどうしたいのかに正直でいる。
☆共感できないものは、思い切って手放す。離れる。

☆自分の信じる道を諦めない。

 始まりと手放しが同時に起こっているようなタイミングですが、手放し自体はスムーズに進むでしょう。頑なに握りしめるよりは、「なんとなく」そう思うから手放すぐらいの身軽さの方が手放しやすいです。

 そして、共感しあえる仲間や友人と楽しい時間を過ごせると共に発展していくことができます。

 一つ注意するとすれば、自分がどうしたいのかという想いを人にぶつけないこと。自分が限界を感じていることほど、自分の力を信じて、できるところまで頑張って、努力をしてみてください。

 考えるよりも感覚や直感で、まるくおさまっていくので、心穏やかに、ゆったりと過ごすと良いでしょう。

 

 福本泰子

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました