2021年 6月の星の流れ

星読み情報【2021年】

 6月は、星の流れが今までとは一変して変わります。

 5月下旬の皆既月食から、流れが一変していますが、今までの流れとは天と地ほどの差があるかも。意識は内側へ流れ、情報に振り回される可能性もあります。

 6月は変化が激しいので、記事にしてまとめています!参考にしてくださいね!

6月10日 金環食

 皆既月食に続いて、今度は『金環食』です。

 蝕を伴う新月や満月は、エネルギーが強く、リセットのパワーが強く働きます。また、新月は始まりのタイミングであることから、『金環食』で、改めてリセットされることがあり、ここから新しい舞台に立っていく。

 そう決める人もいるでしょう。

 ホロスコープは、皆既月食と似ていて、太陽と月、水星と重なって自己調整や仕事、健康の部屋である6ハウスに滞在しています。

 そこに海王星が葛藤を投げかけているので、迷い戸惑うことが多くなるかもしれません。情報に振り回されて、疲れを感じることもあるでしょう。

 健康面では、精神面や神経系で気を付けておいた方が良いでしょう。仕事もどうすればいいのか迷う人も多くなるかも。

 情報や思考に振り回され、そこに留まっていると、苦しい感じがしますし、混乱が混乱を招く恐れもあります。

 そんな混乱の中にいても、希望を持って、新しい原石を生みだし、磨こうとしている人や頑張ろうとしている人を見て勇気づけられます。

 自分もそうであろうと、立ち上がる人もいるでしょう。一緒にいる仲間がいると心強いです。
 こんな状況でも頑張ろうと思う人は、勇気を持って行動に移してください。その姿が、他の人達を励まし、元気づけます。

 そして、ここから力を蓄えていくことになります。

6月21日 夏至

 夏至は、陽の気が強まって、陰に転じていくタイミングです。

 夏至図を視ることで、秋分までの3ヶ月の流れを読むことができます。

 2021年の夏至図は、「生みだそうとする力」を強く感じます。

 自分の能力を最大化し、尚且つ、それ以上を目指すようなホロスコープで、限界どころか、まるごと自分自身が生まれ変わるような、そんな気配を感じます。

 でも、正直めっちゃきつい。

 月がめちゃくちゃ葛藤を投げかけられていて、自分の信じているものを丸ごと鞍替えされそうな雰囲気もあるので、「今まで頑張っていた事や守っていたことは何だったの?!」と嘆きたくなる出来事が起こるかも。

 そして、改めて大事なことを見直していく流れに入っていくので、満身創痍な状態から、自分の信じるものや理念、ビジョンを見つめ直すことになるでしょう。

 嘘はつけないし、嘘をつき続けてもいいことはありません。

 自分のことを過小評価し過ぎてもダメで、自分自身を心底信じて前を向くことが大切です。自分への絶対的な信頼が、新しい何かを生み出すパワーに。

 自分が思い描いている以上の世界観を描いて。

 そして、一緒に分かち合える仲間がいると最高です。

 冷静に考える視点も必要なので、ただやみくもに突き進むのではなく、明確な目標を持つわけでもないのですが、信頼できるものに従って、進んでみてください。

木星の逆行

 魚座に入室した木星が、6月21日から逆行を始めます。ちょうど夏至と同じ日です。

 木星は幸運や拡大を示す星で、寛容さを表す天体でもあります。

 木星は、忘れかけていたものの復活を表す度数で逆行を開始し、7月末には水瓶座に戻ります。

 私たちが忘れていたものを思い出すような流れになるので、過去を探る流れはまだ続きそうです。そして、大切なことを大切だと認識し、改めて自分を整える流れに入っていきます。

6月の流れのまとめ

 6月は、メンタル面での不調が起こりやすいので、落ち込む事や考え過ぎてしまうこともあるかもしれません。情報や混乱に巻き込まれる可能性もあるでしょう。

 その中でも、頑張っている人の姿を見ると勇気づけられます。これだけは大切にしようと思えることは手放さずに、気持ちを分かち合える人の存在をとてもありがたいと思えるでしょう。

 葛藤や苦難を感じるかもしれません。無理は禁物です。

 ですが、今の自分が本当に自分らしいのか。過小評価し過ぎていないか、あるいは、自分の本当に大切なものに気付けているのか、大切な人を大切にできているのか等、見直すことはたくさんあります。

 6月の星の配置がシビアなので、ちょっとしんどいこともあるかもしれませんが、星の流れを活かして頑張っていきましょうね!

 また、流れに合わせて詳しく解説していきます!

 福本泰子

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました