尖るなら火星期!

天体

おはようございます!

 

 

 

 

 

今日は「火星」の話です。

 

 

 

 

先日から『お仕事』の鑑定書を販売していますが、仕事と言えば、「太陽」と「火星」の力が必須です。他にも「仕事」で必要な能力はありますが、「太陽」と「火星」は、信念であり、全力で駆け上がっていくエネルギーでもあるので、「仕事」でバリバリ頑張るなら、この2つの天体は必須なのです炎

(ちなみに鑑定書はすべての天体を読んでます!)

 

 

 

 

もちろん、仕事でなく「家族」に全力投球する人もいるし、「家庭」と「仕事」の両方を一生懸命頑張る人もいます。

 

 

 

 

どれが正解とかはなくて、どれも正解ですガーベラ

 

 

 

 

 

占星術では「年齢域」が天体ごとに分かれていて、「太陽」は26歳頃~35歳頃「火星」は36歳頃~45歳頃を表しています。

 

 

 

 

これ、めちゃくちゃ不思議なんですが、天体の年齢域に入ると、その天体のサインやハウスの特徴的な生き方が可能になるし、なぜだかそちらの方に進んでもいますハリネズミ

 

 

 

 

意識が変わって、今までなら選択しなかった道を進み始めたりもするんですよね。

私はちょうど今年に「火星期」に入るので、火星の生き方が強く出る時期に突入します。

 

 

 

 

 

そのせいか、意識も去年ぐらいから、火星のあるサインとハウスにシフトチェンジしていて、本当に、生まれた時から生き方って決めてるのかしらと思います(笑)

 

 

 

 

「火星期」は、火星期は、失敗とチャレンジの繰り返しであり、全力投球ができる時期でもあります。

 

 

 

火星期(35歳頃〜45歳頃)は、エネルギーが1番強い時期でもあるから、何か力を注ぐものがあるとベストな力の使い方だと思う。 そして、まだまだチャレンジと失敗から学ぶことが多い年齢です。

 

 

火星期を精一杯全力で生きると、棘がなくりマイルドになっていく木星期へ。 尖るなら火星期。 そこを過ぎて尖っても、ちょっと無理があるかもしれません。

 

 

 

 

火星は凶暴な天体なので、エネルギーや力を内に溜め込んでしまうと、ストレス過多、あるいはプンプン怒った人になります。

 

 

 

火星のアスペクトによっては、本当に暴力をふるってしまうこともあるし、思わぬ方向に転がり落ちてしまうこともあります。

 

 

 

天体の中では危険度の高い天体です。

 

 

 

でも、自分でコントールできるので、「火星」の力を自分でどう活かすのかを考え、全力で投球できるものを見つければ、「火星」は自分自身の飛躍を助けてもくれます。

 

 

 

 

このあたりの読みは「火星」を総合的に見るので、アスペクトも関係してきます。

というより「アスペクト」が超重要でもあります。

 

 

 

 

「火星」を読むことで、自分がどのようにエネルギーやパワーが使うのがベストなのかを確認すると、選択がしやすくなるので、ホロスコープ読める人はぜひ考えてみてくださいね♡

 

 

 

 

「火星」の勉強会をしても楽しいかも♡

とふと思いました♡

 

 

 

 

とにもかくにも、「火星」は自分を鍛えブラッシュアップさせてくれる天体なので、使わないと損です!

そのエネルギーを発動するスイッチはオンオフもはっきりしているので、オンになっている時にどう活かすのかがポイントになります。

 

 

 

 

そして、「火星期」はチャレンジと失敗を繰り返し、尖る部分と削ぎ落す部分がはっきりしてきます。

そして、「木星期」に移行すると、どんどんとマイルドで寛容になります。

 

 

 

 

「木星期」になる前に、「火星期」をいかに過ごすのかで、「木星期」がどんな人生になるのかが決まるので、とにもかくにも「火星期」は超重要です!

 

 

 

福本泰子

 

 

 

kindle本、販売中です♡

 

 

 

Unlimitedでも読めちゃいます☆

詳しくはもう一つのブログをご覧ください。

 

 

 

販売中の鑑定書です!

 

セッションはこちらから!

 

 

メルマガ登録は画像をクリック!

 

不定期でLINE@も配信しています。
気軽に質問したい方はこちらから。

友だち追加

 

お仕事のご依頼などはメールからお願いいたします。

メールfukusan08@gmail.com

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました