スポンサーリンク

【ふくちゃんの星読み】蠍座新月 ~豊かさは自らの手で創り上げていく~

星読み情報【新月】

11月15日 14時6分頃 蠍座で新月が起こります。

10月14日から11月3日まで続いていた水星の逆行。

10月17日の天秤座新月、そして31日の牡牛座の満月。

そして、牡羊座で長期滞在している火星が、14日に順行に戻り、そのすぐ後の蠍座の新月です。

火星については、改めて記事を書きますね!

始まりは天秤座の新月です。

この頃から、自分の中での意識の変化を感じた人がたくさんいると思います。

その前の乙女座の新月で、やるかやらないのかを問われていましたが、そこで「やる」と決めたからこそ、たくさんの知識や情報、自分にとって必要なものが集まってきています。

蠍座の新月は「豊かさ」を追求していきます。

それは、金銭的なことも含まれますが、「心」が豊かであるのかが鍵となるでしょう。

牡牛座の満月や獅子座の下弦の月では、物理的な変化を経てきた人も多いと思います。

仕事が変わる、住居が変わる、氏名が変わるなど。

社会的な変化が激しかったからです。

その変化は「未来」に向かって確実に進んでいるからこその変化でもあります。

その変化を、今の自分はどのように感じていますか?

ぜひ、自分の心に問いかけてみてください。

穏やかな情景が浮かべば、これから先に進む未来への道が、豊かで愛の溢れるものとなるでしょう。

新月のサビアンシンボルは蠍座24度『一人の男の話を聴くために山から降りてきた群集』

テーマを見つけて取り組む度数で、手に入れた教えを活かし、実生活を意識的に変えていきます。

新月のホロスコープでは、精神世界を扱う8ハウスに新月があって、直感やインスピレーションが降りてくる12ハウスに魚座の海王星、未来を創る11ハウスに山羊座の木星、土星、冥王星が手を取り合っています。

8ハウスは蠍座と相性の良いハウスで、12ハウスも魚座海王星のホームハウスです。

感覚的にとても冴えている時であることは間違いなくて、その降りてきたインスピレーションをいかに意識的に未来を変えるために使っていくのかが、この新月での強いテーマとなるでしょう。

豊かな感情、情景、インスピレーションは、未来を良くするために必要なもの。

気分的にも、心地よさを感じている人は多いでしょう。

その穏やかな心のまま、手元にある大切なものを大切にするために。

そして、未来を変えていくために、必要なことをしてくだけです。

単純な歩みではありますが、「自分を信じる」気持ちが何よりも強いパワーとなっていくでしょう。

過剰に自分を魅せる必要はありません。

自分の心のままに、進みたい道、描いている未来に必要なことを、ただ淡々と意識的に行っていけば、それが豊かさへと繋がる道になっています。

その道中で苦労するとすれば、「意識改革」です。

あるがまま進むということは、今まで隠していて本音と向き合うことにもなるでしょうし、凝り固まっていた考えを変える必要も出てきます。

でも、その考えはこれから先、必要なことでしょうか?

その考えがこれから先の豊かさに繋がっていることでしょうか?

意識して変える部分。

感覚で歩む部分。

どちらも必要です。

また、歪みやアンバランスな人間関係は、音を立てるように崩れていくかもしれません。

縁が切れる場合もあれば、関係を立て直すために必要なトラブルが起こることも。

思いがけない出来事が起こっても、これから先、必要な出来事です。

誰に何と言われようとも。

あるいは、誰かの言葉をきっかけとし。

自分が「豊か」だと思える道を選び、日常を意識的に変えていきましょう。

現実を動かせるのは自分の意志や心。

「豊か」になる選択をするのも自分の意志や心。

それだけを信じる新月です。

福本泰子

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました