スポンサーリンク

2020年 秋分

四季図

 こんばんは。

 本日 9月22日 22時30分頃 秋分となります。
 秋分は陰と陽のバランスが0となる日で、「0ポイント」とも言われています。

 日本ではお彼岸ですね。私も今日、お墓参りには遠くて行けないので、神社に行って恵方参りとご先祖様に挨拶をしてきました。

 秋分前はデトックスなのか、不思議な夢をたくさん見るし、眠くて眠くて仕方ありませんでしたが、秋分の今日はキリリと意識も切り替わっております。

 それでは、秋分について解説していきますね。

自由に動きたくても動けない鍛錬の道

 まず、1つの流れとして「鍛錬」が必要となります。

 冒険したくてもできない。勢いよく飛ぼうと思っても上手くいかない。そんなジレンマを抱えそうです。今までのように「好き」だけでは上手くいかないことが多くなります。気持ちだけでは走れないので、今までとは違う道を模索する必要もでてくるかもしれません。

人間関係での変化・変容

 人間関係が劇的に変わっていきます。これは、春分図でも表れていた配置ですが、山羊座の木星、土星、冥王星が「人間関係」を示す7.8ハウスに滞在しています。
 (ちなみに春分図では、DCに重なっていました。今年は、人間関係での変化が著しい年と言えますね。)

 「変化」と書いていますが、いろいろと考えることが多く、「付き合い方を見直す」という言葉がしっくりきます。

 ベタベタした関係性ではなく、お互いが信頼できる関係性を構築していく必要があります。どんな関係性であっても「相手が信頼できる人」なのかを、無意識に精査しているようにも感じます。

 人の嫌な面とか、乱暴な面を見ることもあるでしょう。そこでそっと心の距離を取る相手も出てくると思います。

 逆に、「この人とは長く付き合っていきたい」と思える人も現れそうです。心から信頼し、関係性を固く結べる相手は、これから、あなたが何をするにしても、協力しあえますし、お互いが良い影響を与えることができるでしょう。

 秋分は太陽が「てんびん座」に入室するタイミングです。冬至までの3カ月間、「人間関係」については考えることが多くなるでしょう。

決められたステージの上で自己表現をする

 自分に与えられた「役割」のようなものを感じている人も多いと思います。それが「自分の使命」だと思えるものです。

 それ以外の自己表現は、あまり世間に受け入れられにくくなるでしょう。

 自分のやるべきことに集中する。それがこれからの3カ月間を左右します。

 自分本位なものは受け入れられにくくなりますし、自己中心的なものもなくなっていくでしょう。意識するにしろ、しないにしろ、シビアな視点で物事を考える人は多くなっています。

秋分以降の流れ、まとめ

 今は、ふわっとしたものは受け入れられにくい時です。

 また、人間関係では、どんな関係性の人であっても、ほどよい距離を保ってお付き合いするのが良いでしょう。

 その中でも信頼できる人は、心の支えになってくれますし、これからの関係も長く続けていくことができます。

 一番大事なのは「自分に嘘をつかないこと」。

 そうすれば、一本筋が通った道が見えます。

 雑念を払って、やるべきことに集中して。必要なものだけを選び取って。それがあなた自身を鍛え、これからの時代を乗り切る精神を創り上げていくでしょう。

 ご参考までに☆

 福本泰子

 

 

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました